デトミニのエンジンを久しぶりにかけたら、オイルが上がらなくなった。

hati

このページを運営しているHATIです。ERAターボやデトミニ、艦これが大好きです。日々の生活で気が付いたことをつづっていこうと思います。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. にの より:

    結構久しぶりにデトミニの話題でしたが、希少車は大変ですね。
    私の所で預かっているパンダ号は、2週間に一度のペースでエンジンをかけていますが、燃料ポンプを変えてから若干かぶり気味です。オイルは、1年に一度カストロールRS10W-50(バルボリン20W-50)に交換しています。
    今年はもう少し暖かくなったら、フィルター(monotaro)も交換を予定しています。報告をせずにすみませんでした。駐車中は、ハンドブレーキを引かずにバックギアに入れています。ブレーキ漏れ等はありませんが、ちょこっと前後に移動するだけなので、ブレーキは一応効いています。
    燃料ポンプが動いたり止まったりしていたので、手持ちの燃料ポンプに交換しています。ついていた物は、保管しています。タイヤはひび割れがすごかったので、とりあえず手持ちのホイール付きタイヤに交換しています。(タイヤセットも保管しています。)
    今年は、ERAの車検を終えましたが、ブレーキのオーバーホールを予定しています。
    結構色々あったので、また報告させて頂きます。

  2. hati より:

     本当にご迷惑をかけてすいません。邪魔なら言ってください。引き取りますので、あと死んだ燃料ポンプは着払いで私に送ってもらえると助かります。接点の部分を買っていたような気がするので、修理できると思うので。昨日、みつさんのところに行ってソレックスのOHを頼んできました。赤城のデトミニのエンジンがかからなかったのですが、キャブがやられてしまったようで、お願いしてきました。それで、にのさんのお噂は、またやらかしたと聞いてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください