HATIの日記 - ERA TURBOやデトミニなのど車のこと、ちょっとした生活のことなど最近思っていることを書いている。

昼飯は能登食際市場で!


 160号線を走っているときに、七尾にフィシャーマンズワーフがあると看板があったので、そこで昼飯にすることにした。にのさんの言うように魚介類が名物で、浜焼き場があって市場で買った物を焼いて食べて良いようだった。しかし、大人気で行列が並んでいたので諦めた。いっぱいレストランがあるので、能登といえば加賀屋なのかなとそちらにした。別に高くなくて雰囲気が良かったよ。
http://www.shokusai.co.jp/
2013年06月28日(金) No.3988 (旅行)
Comment(0)

とりあえず、能登半島の西岸駅を目指す。


 ERAターボの左側のオーバーフェンダーが割れているので補修をして、いよいよ当初の目的に復帰する。まあ、車を補修するというアクシデントで時間が使ってしまったので、能登半島ツアーは最小限にせざるを得なくなったけど、とりあえず、花咲くいろはの巡礼ツアーに復帰する。最寄り駅の参考にされていた西岸駅をめざす。日本海って真っ黒な海というイメージだったけど、結構綺麗なんだねえ。小さな道の駅があったので寄ったけど..
続きを読む
2013年06月27日(木) No.3986 (旅行)
Comment(2)

ぶつかった時のERAターボの様子。


 ERAターボにはドライブレコーダーが積んであるので、こんな時にどんな様子でぶつかったかわかる。まあ、お店で状況を説明してくれたことと、実際で違っていたりするだけど、やはりちょっと怖い世の中になったよねえ。まあ、これを見るともうちょっと強くブレーキを踏めば止まれそうだと思うだけどぶつかってしまうだ。まあ、あと10分程度の場所なんだろうけど魔が差したということはあるだろうねえ。
http://www.misago.com..
続きを読む
2013年06月26日(水) No.3984 (MINI)
Comment(0)

立山でERAターボを引き取ったが、大きな問題が発生


 今回はホテル立山経由で長野の扇沢から、富山の立山まで車の回送をお願いした。立山の駅前で車を引き取るが、行くといきなりご相談がと言われたので嫌な予感がしたが、悪い予感は当たるものでERAターボが事故っていた。右折で曲がりきれずガードレールにぶつかったようだ。まあ、見たところ左側のオーバーフェンダーにダメージを受けただけで、自走できそうだった。。。。。とりあえず修理代の件をお願いしますと打ち合わせして..
続きを読む
2013年06月25日(火) No.3982 (MINI)
Comment(2)

やっと終点の立山駅へ


 高原バスで美女平へ向かうけど、立山へはケーブルカーへ移動する。意外に急勾配だよねえ。これで、回送したERAターボを受け取れる。これで、能登半島を回って、金沢へ向かう。
2013年06月24日(月) No.3981 (旅行)
Comment(0)

高原バスで美女平へ


 いよいよ3日目だ。今日は、花咲くいろはの聖地巡礼に行く。花咲くいろはは、金沢にある今は無くなってしまった旅館をモチーフにした少女の成長物語で非常に面白かったけど、参考にされた場所があって能登半島と金沢周辺に点在しているので、回ってみたいと思っていた。
http://www.youtube.com/watch?v=toOo9iRyV9k
 富山側から室堂へのアクセスは単純で、高原バスとケーブルカーでいくことができる。まずは、雪の大谷を..
続きを読む
2013年06月21日(金) No.3980 (旅行)
Comment(0)

朝食はバイキング!


 朝食はレストラン立山でバイキング。好きな物を取って食べるスタイルだ。意外に規模が大きくて満足したよ。あまり、ご飯は期待していなかったけど意外に美味しかった。
2013年06月20日(木) No.3979 (旅行)
Comment(0)

室堂平を散策。


 昨日は悪天候で八甲田山ばりの風と雪と寒さでみくりが池に行こうとして断念した。朝は一転して晴天で空気が澄んでいて気持ちが良い。これなら、みくりが池から地獄谷まで散策できるので歩いてみた。また寒いので、雪の下なんだけどねえ。一面銀世界でこれはこれで綺麗だねえ。でも、地獄谷から入湯したみがくり池温泉があるだけど、今度は入ってみたいねえ。
2013年06月19日(水) No.3978 (旅行)
Comment(0)

ご来光ツアーは中止


 前日の悪天候によりご来光ツアーは中止となった。ちょっと残念ではあるけど、天候は回復した。まあ、ホテル立山からでも雄山からのご来光が6時から見えるので、見てみた。やはり天気が良いと綺麗だなあ。
2013年06月18日(火) No.3976 (旅行)
Comment(0)

スライド上映会に参加


 ホテル立山にある室堂は見所一杯ある。その見所を解説してくれるのが、スライド上映会だ。18mに及ぶ雪の回廊の作り方は、GPSを元にやるそうだけど、この前の震災で70cmほどずれたので、データの撮り直ししたり、除雪車は熊太郎で、4代目に達していてピースサインの数でわかるようになっていたりするそうだ。雷鳥の見るポイントや、雪がなくなってからの見所などいろいろ解説してくれて、また来たくなるようにしてある。。。。雪..
続きを読む
2013年06月14日(金) No.3972 (旅行)
Comment(2)

夕食は洋食を選択。


 昼飯のレストラン立山がたいしたことがなかったので、期待していなかっただけど、洋食はレストラン立山ではなく別の場所だった。ステーキだったけど、結構美味しい。やはり、レストラン立山は団体客用で、こっちは宿泊客用なのでちょっと力の入れ方が違うようだ。2450mの場所で本格的な洋食が食べられるのは素晴らしい。
2013年06月14日(金) No.3969 (旅行)
Comment(4)

散策案内に参加


 美女平行きの最終バスは5時に出発するので、雪の大谷への道が開放される。ホテル立山のスタッフがこの雪の壁について解説を交えながら散策できるツアーがある。詳細は実際に参加した方がおもしろいだろう。ただ、雪はほとんど氷になっており、層になっているそうだ。このため、黄砂が降ったときは黄色ががかっていたり、いろいろ細かく見るといろいろ発見があるそうだ。後雪上車は、今は4代目だそうで、熊がピースサインしてい..
続きを読む
2013年06月13日(木) No.3968 (旅行)
Comment(0)

ホテル立山の泊まる


 今回は、室堂駅内にあるホテル立山に宿泊。山小屋をのぞく旅館協会加盟の日本のホテルで一番標高の高いところにあるホテルだそうで、2450mもあるそうだ。。。。5月だけど、外はー10.5だけど、室内は10度程度に保たれているので、暖かいよ。。。。単純な宿泊だけではなく宿泊者特典があり、みんながはけた後の雪の大谷ツアーや、立山の説明を行うPPTによる説明会や、朝、大観峰に行ってご来光を見るツアーなど、いろいろ盛りだ..
続きを読む
2013年06月12日(水) No.3967 (旅行)
Comment(0)

レストラン立山で食事


 やっと室堂について雪の大谷を見たので、腹ごしらえをすることにした。ホテル立山のチェックインは3時でそれよりかなり早く着いているので時間つぶしも兼ねている。アルペンルートは、この場所でしか買えないお土産や食事を結構だしているので、どこで何を買うかがポイントになっている。今回は、白エビのてんぷらとそばを頼んだけど、味はちょっといまいちかなあ。立山のはんぺんは、ポイントでお土産として買っていきたいと思..
続きを読む
2013年06月11日(火) No.3965 (旅行)
Comment(0)

この旅行の最大目的の雪の大谷へ


 いよいよ室堂へ到着。立山は豪雪地帯で積雪は9m程度に達するそうだ。大谷は雪の吹きだまりで今年は18mに達するそうだ。9時から15時までは、片車線開放して、歩行者天国になっていて最大積雪までの所まで見える用になっている。観光バスは大型で、対比すればわかるけどここの雪はすごいねえ。ちょっと想像を絶している。
2013年06月10日(月) No.3963 (旅行)
Comment(2)

立山トンネルトロリーバスで室堂へ


 いよいよ今回の宿泊地の室堂へここは標高2450mだ。大観峰から室堂へはトロリーバスを使って移動する。富山側のトロリーバスだけど黒部ダムと関係ないので50周年色はないだねえ。ここで、雪の大谷を見つつ、ホテル立山で宿泊だ。
2013年06月06日(木) No.3962 (旅行)
Comment(0)

大観峰は悪天候!


 大観峰は2316mもあり、この平日の三日間は悪天候だった。ここから、黒部湖や後立山の大パノラマが見れるらしいが、八甲田山ばりの寒さと風だった。まあ、ちょっと残念であるが、暖かくなったらまた行きたいねえ。
2013年06月05日(水) No.3961 (旅行)
Comment(0)

立山ロープウェイに乗る。


 黒部平から大観峰へ移動するのはロープウェイを使う。途中に一本の支柱のないワンスパンロープウェイといわれる物だ。景観維持と雪崩対策のためだそうだけど、長距離を支柱なしというのはなかなか迫力だよ。今回は悪天候の中の強行軍ではあるので、景色はいまいちだったのは残念だけどねえ。まあ、ホテル主催のご来光ツアーがあるので、今回は致し方なしと思ったんだけど。。。
2013年06月04日(火) No.3960 (旅行)
Comment(0)

黒部平を見回る。


 黒部平は1828mもあって庭園の中にあるそうだ。しかし、庭園は雪の中で見れないけど、立山連峰の東側から見えるので景色が良いよ。ここから、ロープウェイでいよいよ大観峰へ向かう。もう、ここから標高が高いので銀世界だねえ。
2013年06月03日(月) No.3959 (旅行)
Comment(0)